テサランは手汗に効かないってホント?口コミをチェックしてみました

テサラン

 

2つの有効成分によって手汗を防いでくれる手汗クリームの「テサラン」。

 

大手通販サイトでも売上げランキング1位を獲得している人気の制汗クリームで、口コミでも高い評価を受けています。

 

しかし、テサランの口コミをチェックしてみたところ、「手汗に効果なし」という悪評もいくつかあったんですよね。

 

そこで今回は、「効果がない」「効かない」という悪評の真相を調査してみました。

「テサランは効果なし!」によくある2つのパターンとは?

口コミを詳しくチェックしてみたところ、テサランを使って思ったように効果がなかった人には、主に2つのパターンがありました。

パターン1:手汗レベル3の方が使っている

手汗は、発汗の状態によって「軽度」「中程度」「重度」の3つのレベルに分けることができます。

 

  • レベル1(軽度)
    手が湿っており、触ると汗ばんでいるのがわかる。日常生活への支障は少ない
  • レベル2(中程度)
    手に水滴ができて、汗ばんでいるのが見た目でわかる。日常生活に支障が出ることがたびたびある
  • レベル3(重度)
    手にたくさんの水滴ができ、汗がしたたり落ちる。日常生活において常に支障が出る

 

「効果がない」という方の多くは、テサランを塗り込んでいるのに汗が吹き出してくるという方が多かったんですね。
手汗がひどすぎて、全く効かないという口コミもいくつかありました。

 

このような方は、発汗の症状が重い手汗レベル3の可能性が高いため、より制汗力の高い有効成分が配合されている制汗剤を検討した方がいいかもしれません。

 

管理人は手汗レベル2に当てはまるのですが、十分にテサランの制汗力を実感できています。

 

日常生活で手汗が気にならなくなるレベルまで改善しましたので、手汗レベル1〜2であれば十分に効果を実感できると思います。

パターン2:即効性を期待して使っている

もう一つのパターンは、即効性を期待して利用しているということです。
例えば、手汗が出そうなときや手汗が出ているときに、慌ててクリームを塗っている方がいたんですね。

 

テサランは、手汗をかく前に利用するのが正しい使い方です。事前対策として使うことで、汗を防いでくれるわけです。

 

テサランの使い方

 

ですから、手汗が出てしまったあとに塗っても、手汗が邪魔をして有効成分が汗腺に働きかけるのを防いでしまうため、効果を実感することができません。

 

どんなに効果がある成分が配合されていても、使い方を間違ってしまうと効果は出にくいですよね。

 

テサランは事前対策用の制汗クリームなので、手を洗ったあとなど手が清潔な状態のときに利用することが大切です。
使い方さえ間違えなければ、多くの方が手汗対策を実感できると思います。

まとめ

満足度の高いテサランですが、すべての人が効果を実感できるわけではないため、テサランの購入をためらう方もいるかもしれませんね。

 

しかし、テサランは使ってみて効果を実感できない場合、30日間の返金保証制度を利用できます。
金銭的なデメリットもなく購入することができるので、気になっている方は一度試してみることをおすすめします。

 

⇒テサランを最安値で購入する(30日間返金保証あり)