テサランに副作用があるかどうか解説しています!

テサランの成分表示

 

テサランを使ったときに副作用があるのかどうか、気になっていませんか?

 

肌が弱くて手が荒れやすい方は、制汗クリームを使ったときの副作用が気になりますよね。
成分によっては、手のかゆみやヒリヒリ感などを引き起こす場合があるため、どのような有効成分が配合されているのか確認する必要があります。

 

そこで今回は、テサランの成分をチェックして副作用があるのかどうか調べてみました。

テサランの有効成分について

まずは、テサランの成分表示をチェックしてみましょう。


・有効成分
クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロヒルメチルフェノール

 

・その他の成分
精製水、デカメチルシクロペンタシロキサン、DPG、メチルポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、架橋型メチルポリシロキサン、PEG−9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジプロピレングリコール、d−δ−トコフェロール、クエン酸ナトリウム、イソノナン酸イソトリデシル、天然ビタミンE、シリル化処理無水ケイ酸、1,2−ペンタンジオールソルビット液、塩化ナトリウム、カキタンニン、BG、エタノール、フェノキシエタノール


テサランの有効成分は、クロルヒドロキシアルミニウムとイソプロヒルメチルフェノールの2つです。

 

テサランの有効成分

 

クロルヒドロキシアルミニウムは、毛穴を引き締めて汗腺を防ぐことで汗を抑える働きがあり、テサランの制汗作用を担っている成分になります。
また、制汗効果が高いだけでなく、肌への刺激が少ないことも特徴です。

 

一方、イソプロヒルメチルフェノールはニキビ用の化粧品にもよく使われる成分で、殺菌や消臭効果があります。
イソプロヒルメチルフェノールは安全に利用できる濃度が決められているため、副作用が出ない範囲でしか配合されていません。

 

テサランは皮膚への刺激が少ない有効成分で作られているため、手荒れ・かゆみなどの症状は出にくいことが魅力の1つです。

テサランは塩化アルミニウムを配合していない

手汗用の制汗剤を使うと手が荒れる…というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、それは塩化アルミニウムが配合されている制汗剤です。

 

塩化アルミニウムは、クロルヒドロキシアルミニウムよりも高い制汗効果があり、医療機関でも使われている制汗成分です。
しかし、強い制汗効果がある一方で、湿疹・かぶれ・かゆみなどの症状が起きやすい特徴があり、副作用も出やすいことがわかっています。

 

テサランには、副作用が出やすい塩化アルミニウムは配合されていません。
肌に優しい天然由来成分が厳選されていて、お肌のパッチテスト済みの商品なので、安心して利用できることがメリットです。

副作用についての口コミはある?

テサランの副作用についての口コミを探してみましたが、手が荒れるなどの内容は見当たりませんでした。

 

管理人も実際にテサランを使い続けていますが、手のかゆみや違和感などの症状が出たことはありません。
継続的に使っていても肌トラブルもないので、副作用が起きる可能性は低い制汗剤だと思います。

 

もし、制汗剤を使って肌トラブルを起こしたり、手が荒れてしまった経験がある方は、テサランの利用を検討してみてはどうでしょうか。

 

⇒テサランを最安値で購入する(30日間返金保証あり)