テサランとファリネの比較

美容雑誌などでも取り上げられている人気の手汗対策パウダー「ファリネ」。
制汗効果のある2つの有効成分が、エクリン腺から出る汗を抑えてくれる実感度の高さが人気です。

 

一方、テサランはクリームを塗るタイプの制汗剤で、肌に優しい成分が使われています。
通販サイトでも売れ筋の商品で、1本当たり2ヵ月ほど使うことができるコスパの高さが魅力です。

 

テサランとファリネは「手汗」対策用の制汗剤で、口コミで評価の高いことが共通しています。
そのため、どちらを購入しようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、テサランとファリネの「有効成分」「価格」などについて徹底比較しました。

テサランとファリネの比較表

 

テサラン

ファリネ

単品価格 3,980円(送料500円) 8,890円(送料600円)
定期購入 なし
  • 初回 2,667円(送料無料)
  • 2・3回目 6,800円(送料無料)
定期の条件 なし 3回以上
内容量 25g 6g
タイプ クリーム パウダー
機能 医薬部外品 医薬部外品
使い方 汗が出る前に塗る 手汗が気になるときにパッティング
有効成分
  • クロルヒドロキシアルミニウム
  • イソプロヒルメチルフェノール
  • クロルヒドロキシアルミニウム
  • 酸化亜鉛
返金保証 30日間 30日間(定期コースのみ)
特典

3本購入で1本無料プレゼント

  • 初回70%OFF(定期)
  • 初回限定プレゼント(定期)
  • 4ヵ月目から43%OFF(定期)

成分・価格をそれぞれ評価

制汗効果のある有効成分で選ぶならファリネ

まず、テサランの有効成分には、クロルヒドロキシアルミニウムとイソプロヒルメチルフェノールが配合されています。

 

クロルヒドロキシアルミニウムは肌を収れんさせ、汗腺をふさぐことで汗を抑える働きがあります。
そして、イソプロヒルメチルフェノールは殺菌・消臭作用として使われている成分で、汗の臭いを抑える働きがあります。

 

一方、ファリネの有効成分はクロルヒドロキシアルミニウムと酸化亜鉛です。

 

酸化亜鉛には汗を吸収し乾燥させる働きがあり、汗腺の出口をふさいで汗を出にくくする作用があります。
ファリネは酸化亜鉛を特殊ナノイオン微粒子に加工して、パウダーとして配合しています。

 

制汗の有効成分は、テサランが1つに対してファリネには2つ配合されているため、ファリネの方がより制汗効果を期待できそうです。

コスパ・購入のしやすさで選ぶならテサラン

ファリネの定期コースは3回継続が条件で、初回は2,667円、2・3回目は6,800円(送料無料)で購入することができます。

 

単品で購入することもできますが、1個あたり8,890円(+送料600円)となりコスパは悪くなるため、定期コースの利用がおすすめです。

 

一方、テサランには定期コースはなく、単品の購入になります。
1本当たりの価格は3,980円(送料無料)で、3本まとめ買いすると1本無料プレゼントの特典があります。

 

テサランの内容量は25gで、公式サイトによれば255回分使えるとのこと。1日3回塗ったとしても85日分は使えるため、コスパの高さが魅力です。

 

価格・コスパで比較すると、テサランの方が購入しやすく、お試ししやすいと思います。

 

⇒テサランを最安値で購入する(30日間返金保証あり)