手汗レベルをチェック!軽度と重度ってどんな違いがある?

手汗レベル

 

手汗を大量にかくと自分は人よりも手汗の量が多いのではないかと心配になってしまうことがあります。

 

手汗の度合いによっては適切なケアや治療が必要ですが、汗の量が少なければそれほど心配しすぎることはありません。

 

自分の手汗の量を知るためにも手汗の度合いについて調べておくと安心です。

手汗の度合い

手汗の度合いは三段階に分けることができます。

 

レベル1の症状は、手汗をかいても手が湿っている程度の状態です。

 

レベル2になると発汗量がもう少し増えて、手の平が湿っているというよりも濡れた感じがずっと続く状態です。

 

湿っていると濡れていることの判断が難しいときは、自分の手のひらを見てみるとよくわかります。
湿っている程度であれば見ただけで手に汗をかいているのはわかりづらいですが、濡れていると水滴が手についています。

 

レベル3になると汗の量はさらに増えるため、汗が水滴となって手から流れ落ちてくるほどです。
一度汗をかくと止まらなくなり、汗がしたたる状態が長く続いてしまいます。

 

手汗が出てきたときに自分の汗の状態をよく観察して、自分がどのレベルにいるのかをよくチェックしてみましょう。

手汗レベルを知る重要性

手汗が気になる方はその汗を何とかしたいと考えるでしょう。そのために手汗レベルを知る必要があるのです。

 

それは手汗レベルの度合いによって対処法が変わってくるからです。

 

手汗の度合いによってはセルフケアにて改善することが難しく、お医者さんで治療を受けなければ改善しないケースが多いからです。

 

特に、手汗レベル3に該当する方は自己流ケアで改善することが難しいですから、一度お医者さんに相談してみたほうがいいでしょう。

 

手汗の改善方法としてはお医者さんによる生活改善指導や手術といった方法が挙げられます。
また、自分で手汗レベルを判断することが難しいときもお医者さんに相談してみると安心です。

 

レベル1〜2程度の手汗であれば、制汗剤などを用いて手汗の量を抑えることが可能です。