ETS手術の効果・方法・副作用について

医者

 

気になる手汗を根本から解決する方法としてETS手術を受けるという選択肢があります。

 

手術を受けることで手汗を減らす効果が期待できるのですが、副作用もあることを覚えておきましょう。

 

副作用の可能性を十分理解してから手術を受けるのが望ましいです。ETS手術の内容や考えられる副作用について紹介していきます。

ETS手術とは

手汗が出てきてしまう主な原因は交感神経の働きが活発になってしまうからです。

 

制汗剤で無理に抑えたとしても、その根本原因を治療しない限り、手汗を止めることはできないのです。

 

そこで交感神経の働きを抑えることで発汗量を減らし、気になる手汗を止める「ETS手術」を受けることが可能です。

 

ETS手術は内視鏡で行う手術であり、麻酔や金銭的負担も抑えることができるので、患者への負担が比較的少ないと言われています。

 

内視鏡による手術は切開箇所も小さく手術時間も短いため、体の負担が少なく済みます。手術も日帰りで行えることがほとんどで、入院する必要もありません。

 

また、健康保険が適用されますので、金銭的な負担も軽減できます。

ETS手術の副作用とは

安全で体への負担も少ない手術法なのですが、ETS手術には副作用も起こり得ることを覚えておきましょう。

 

ETS手術を受けることで確実に手汗の量を減らすことが可能となります。合わせてワキの下や首といった他の部分の汗も減少するということが起こります。

 

しかし、汗には上がった体の体温を下げる働きがありますので、どこかから汗をかかないと体に熱がこもってしまい危険です。

 

そこで別の部分から汗を出して体の熱を下げようとするため、別の部分の発汗量が増えてしまいます。

 

これを「代償性発汗」と呼びます。

 

代償性発汗の度合いは個人差が大きくなり、手術前にどこの部分からどの程度の発汗量が増えるのかを予測することが大変難しいです。

 

また、手や他の部分の汗が減少することで、空気の乾燥する季節は部分的に乾燥肌が悪化するという副作用も起こりえます。